Sponsored Link

2009年08月22日

ドラマ:『誘拐』

WOWOWのドラマがとても面白い!
『パンドラ』『空飛ぶタイヤ』など毎週、テレビに釘付けになっていたが、
今回の2時間ドラマ『誘拐』もとても面白かった。
(ちなみに8/2放送を録画して今日やっと見た。9/5に再放送があるようだ。)

現役総理大臣の孫娘が誘拐される前代未聞の事件。
警視庁VS頭脳犯。
結末は、んー、こうきたかー、というどんでん返し。
三上博史と西島秀俊がとてもいい演技をしていて好印象だったし、ストーリーも飽きさせない展開だった。
ときどき社会性のあるメッセージがセリフに含まれるけれど、
そこは個人的にはいまいちだったかな。
エンターテインメントに徹してもらって全然良かったと思うところ。

ラスト直前の三上博史と西島秀俊のやりとりは秀逸だった。
最初の伏線が決まってたし、僕は好きな演出だったなあ。

WOWOWのドラマは今後も期待したいわーい(嬉しい顔)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします


posted by だぶさん at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

ドラマ:『BOSS』

フジテレビ木曜10時からのドラマ『BOSS』。
今期のドラマの中ではわりと視聴率が良いらしい。
毎週観ているけど、まあまあ面白い。
安っぽいなあ、と思うこともあるけれど、
肩がこらないし、気楽にみていられるので気に入っている。

キャスティングがいいかな。
主演の天海祐希がはまってるのと、
竹野内豊のかるーいキャラクターがいい感じ。
戸田恵梨香らの脇を固める俳優陣も魅力ある。
第4話、第5話では犯人役に山田孝之と、犯人もだんだん豪華になっていく感じだ。

天海祐希は特別犯罪対策室のボス役なのだが、
この特別犯罪対策室には、癖のある人間の集まり。
だけど、それぞれに何かしら強みをもっている、とがった人間の集まり。
そういう組織っていうのはハマったときには大きな力を発揮するものだとは思う。
ただ、それはボス次第。
そのボスである天海祐希はいい上司だと思う。
きちんと部下を見ているし、厳しくもやさしさがあるから。
まあ、プロファイリングのときに、○○理論を持ち出すのはやめて欲しいけど・・・。
なんとか理論とか言っちゃうから、なんかチャッチクなるわけで。

と、そういう組織をどうまとめてくんだろうな、
っていう視点でみてみるのも面白いかもしれない。

ちなみに天海祐希主演で昔やっていた「離婚弁護士」と同じ雰囲気だなあ、
と思っていたら、案の定、脚本家が同じだった…。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします
posted by だぶさん at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(3) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

ドラマ:『空飛ぶタイヤ』

WOWOWで放映されていたドラマ『空飛ぶタイヤ』が完結した(全5話)。
仲村トオル、田辺誠一、萩原聖人、水野美紀、大杉蓮、國村準など、
豪華キャスト(脇を固める面々もすごい)で作られた社会派ドラマ。
演技力のある役者さんが確かな存在感のある演技をする、
いわゆる民放キー局のトレンディドラマなどでは観られない骨太さがあって良かった。

ざっくりと言ってしまえば、中小の運送会社赤松運送の社長が、
事故の真相を隠そうとする大企業(ホープグループ)と戦う話である。
当然、大企業の圧倒的圧力に屈しそうになるわけであるが、
それでも正しいことは正しいと信じて戦う話である。
(詳細なあらすじはコチラから)

結末は予想どおり正しいものが勝つ、
つまりは小さい会社が大企業を倒すわけであるが、
そこまでの過程が、飽きさせないテンションを保っており秀逸であった。
もちろん予想どおりのラストでもある種の爽快さがあって、
いい終わり方だったと感じた。

しかし、もし現実に同じようなことがあった場合、
やはり大きな権力を持つ者は簡単には屈しないのではないだろうか。
そういう意味では、ラストは赤松運送が負ける設定もありだったかもしれない。

以前、山崎豊子作の「白い巨塔」を読んでいたとき、
その解説にあったものと記憶しているが、
本当は原告患者側の敗訴で終わる予定だったものらしい。
(「白い巨塔」は医療裁判の話であり、
財前教授という権力側と原告患者との対立が今回のドラマに似ているかと)
それに対する社会的反響は大きく、社会的責任をもった結末にすべき、
ということで第2部が描かれている。

このドラマも赤松運送が負ける展開では、
やはりどこか納得のできない、やりきれないものが残っただろうとは思う。
だが、あえて、そうすることで社会的矛盾を浮き彫りにしてみるというのもありだったかなと。

いずれにせよ見応えのあるドラマだったことには間違いない。

WOWOWのドラマシリーズは、
第1作目の「パンドラ」も観ていたが、
なかなかに見応えがあって良い。
夏頃にまた新作があるようなので、見逃さないようにしたいと思う。

原作本はコチラからどうぞ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします
posted by だぶさん at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(3) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする