Sponsored Link

2009年10月24日

本:『35歳の教科書』 藤原和博

副題として「今から始める戦略的人生計画」とある。
最近、自分がどう生きていくべきか、を考えながら、
ふと自分は20代の過ごし方を間違えたのではないかと思うときがある。
だけど、今さら過ぎ去った時をぶつぶつ考えても仕方ない…。
今から何ができるのか?そっちのほうが重要だ。

この本はリクルート出身の藤原和博さんの著書で、
自らの体験を織り交ぜながら、
人生戦略を考える具体的ヒントを述べられている。

以前から思っていたこととして、
僕らの世代は「いい大学→いい会社」のような、
幸せのモデルケースが崩れ始め、
かといって個の時代だからという空気も醸成されていない、
なんだか狭間の時期にあったような気がするのだ。

藤原さんは、多様化、複雑化している成熟社会では、
「正解」ではなく「納得解」を見つけることが大事だと言う。
確かにそうなのだが、これが難しい。
正解を求める教育を受けて、すぐに正解を求めたがるクセがあるから。
納得解を探すために、自分で考える、ということが訓練できていない。
この本の中で、クリティカル・シンキングの重要性などが触れられているが、
まさしく、自分で考えるスキルを身につけておくことは大事だ。

独自の価値観、人生設計をもって、
組織の一員であっても、組織に埋没しないで、個を大切にする、
そのためのスキルを磨く、
そのヒントがこの本にはある。

でも、この本を読んでもモヤモヤはとれない。
自分で答えを見つけるまではモヤモヤのまま…。

35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画

幻冬舎メディアコンサルティング 2009-09
売り上げランキング : 685
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします



Sponsored Link


posted by だぶさん at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発・ビジネススキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック