Sponsored Link

2009年09月02日

本:『交渉人』 五十嵐貴久

「違和感」が事件解決の鍵だった。

もしかしたら退屈になって読むのをやめてしまうかもしれない、
中盤までの展開はそんな感じだ。
ただ、ところどころに気になる描写があり、
そして、全体に流れる「違和感」を感じるようになるのだ。
それが何なのか、そう思うと、ついページを繰ってしまう。

物語は突如として動き始める。
そこからの展開は非常に面白い。
なるほど、「違和感」はそういうことであったのか、と。

動機の部分と、これだけの仕掛けが本当に必要だったのか、
そのあたりのリアルさを考えるとちょっと弱い感じはする。
人物の描写としても、どこか物足りない感もある。
それでも、エンターテインメントとしては十分に楽しめる作品だった。
秋の夜長にオススメの一冊ではある。

交渉人 (幻冬舎文庫)交渉人 (幻冬舎文庫)

幻冬舎 2006-04
売り上げランキング : 184662
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

Sponsored Link


posted by だぶさん at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック