Sponsored Link

2009年06月14日

映画:『ジャンプ』

最近、小説を映画化した作品をよく観る。
この『ジャンプ』のその1つだ。
佐藤正午の『ジャンプ』という小説を映画化したのが本作である。

小説が割と好きだったのと、
主演が原田泰造ということで、どんな演技をするのかと思って観てみた。

原田泰造はなかなかいい演技をしていたと思う。
牧瀬里穂はかなり大根役者だった記憶があるが、だいぶマシになっていた。
笛木優子はこの作品ではじめて知ったが、この役にはぴったりだった。
が、全体的に演技がたどたどしい感じは否めなかったかな。
そこが新鮮といえば新鮮だったけれど。
若い役者を平泉成、中井貴一、伊武雅刀らベテランが、
ちょい役のような形ながら画面を引き締め、ほほえましく見守る、
まあ、そんな感じだったろうか。

ちなみに寺島進、佐藤隆太、吉瀬美智子ら、
最近活躍している俳優陣もちょい役で出ていたりする。
(たぶんこの頃はまだ売れていなかったはず)

小説と映画の両方を楽しむというのは難しいと改めて思った。
両方が楽しめる作品というのはなかなかない。
『ジャンプ』に関して言えば、小説のほうが好きである。
小説の行間を映画はきちんと埋めてしまった感じがするからだ。
想像を広げていた部分をきっちり映像で見せられてしまうと、
自分の想像にあてはまれば良いのかもしれないが、
そうでなければちょっとがっかりしてしまう。

それにしても過去はやはり過去であり、
あのときこうすればと思っても仕方ないことだ。
そして、あのときこうだったよね?と確認することも、
たとえそれが正解だったとしても、切なくなるばかりで、そこに未来はない。
それでも、過去はなかなか割り切れないものではあるのだが・・・。

ジャンプ [DVD]ジャンプ [DVD]
佐藤正午 井上由美子

バンダイビジュアル 2004-11-26
売り上げランキング : 14275
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします



Sponsored Link


posted by だぶさん at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック