Sponsored Link

2009年05月17日

映画:『Sweet Rain 死神の精度』

伊坂幸太郎の原作だったことと、金城武主演ということで観てみた。

伊坂幸太郎はわりと好きな作家さんで3冊くらい読んだことがある。
だけど、この「死神の精度」については読んでいない。
伊坂作品は物語の構成力がとても魅力的だと思う。
この映画でも、3本のオムニバス形式の話で構成されつつ、
きちんと1本の物語として成立している。

金城武もまた好きな俳優さんである。
昔、「ゴールデンボウル」というドラマで好きになった。
あの頃から、かっこいいんだけどどこかコミカルで、
不思議な空気感がたまらないのだ。
この映画の中では死神を演じているが、その魅力が存分に発揮されていると思う。
こんな死神がいたら、なんだかオシャレだ。

そして、今回の作品でいい演技だったなあ、と思ったのは富司純子。
かっこいいおばあちゃんでした。

「死」ということがテーマだけれど、重い感じはなく、
だけれどもやはり「死」ということを考えさせられる物語。
ラストシーンの景色には爽やかな感動と生きる喜びみたいなものを感じさせてくれた。
ちなみに「ミュージックが素晴らしい」。

いい映画だったと思う。
原作も読んでみようという気になった。

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]
Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]金城武, 小西真奈美, 富司純子, 光石研, 筧昌也

おすすめ平均
starsこれは「佳作」である!
starsはじまりはいつも雨
stars原作を読んだ後だと…
stars予想外
stars生きた証としての死

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


死神の精度 (文春文庫)
死神の精度 (文春文庫)伊坂 幸太郎

おすすめ平均
stars読破後爽やか
stars死に神が…
stars偏愛的作家。
starsこれでいいの?
stars新しい死神

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

Sponsored Link


posted by だぶさん at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Sweet Rain 死神の精度
Excerpt: Sweet Rain 死神の精度を見た。 金城武が素晴らしかった。
Weblog: FlashPINK WeBlog
Tracked: 2009-05-18 19:51

観る・Sweet Rain 死神の精度
Excerpt:  金城武さんにはつい先日もお会いしたばかり。とはいってももちろんご本人にではなく、映画館のスクリーン上、諸葛孔明にである。智略の天才軍師・孔明と死神・千葉、設定はまったく異なるものの..
Weblog: コンパス・ローズ  compass rose
Tracked: 2009-05-18 21:58