Sponsored Link

2009年04月30日

本:『コンサルタントの習慣術』 野口吉昭

世の中に、近道をして成功した人間なんて、一人もいない。
世の中に、近道をして目標を達成する方法なんて、存在しない。
プロになったり、成功したり、目標を達成する唯一の方法は、
努力を継続することだ。すなわち「努力の習慣化」である。

結局はこれに尽きるのであろう。
『「1日30分」を続けなさい!』も、継続は力なり、ということだった。

分子生物学者の福岡伸一氏のコラムを引用して、
「そんじょそこらのアマチュアなど全くよせつけないプロフェッショナル」になるには、
(イチローや浅田真央のような人たちだ)
1万時間、「そのことだけに集中し専心したゆまぬ努力」をすることが必要らしい。
おおよそ1日3時間×10年間くらいである。

この習慣化ということの分岐点は何か?
それは「好きかどうか」だとしている。
まあ、やはり好きでなければ続かないのだ。
だとしたら、自分の好きなものは何か、どうしたい、どうなりたいか、
自分を分析して、主体的に行動することが大事になってくる。
この本でも、「目的」と「目標」と「手段」が曖昧だと習慣化に失敗するとある。

いかに問題意識をもち、目的、目標を立てるか。
それが一番苦手にしているところなのだけれど、
これはもう自分を深く分析していく以外にどうしようもない。
主体的な行動のために「ロードマップ」を描くことを勧めているが、
とにかく一度描いてみようと思っている。

さて、習慣をマネジメントするためのポイントが3つ。
@見える化=今の自分を常に正しく、冷静に把握する
Aランドセルサイクル=いつでもどこでも前倒しの準備を怠らない
B愚直さ=継続こそ力の原点
ちなみにランドセルサイクルとは著者の造語。
重要なのは前倒しで準備をするということだ。

参考になったのは、打たれ強い人は、
個人の精神的強さだけではなく、支えてくれる人物やチームをもつ、
それもできるだけ複数の場所にもっている、ということ。
1人では戦えないのだ。

そしていつも修羅場をくぐり抜けている人の共通点は、
淡々としていること。
常に本質的なことだけに目を向けている。

この本に書かれていることは、
簡単に成功できるコツなどではなくて、
いかに努力することが大事であるかということと、
その習慣化をするためのコツである。
あとは自分が行動を起こすかどうかだ。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします



Sponsored Link


posted by だぶさん at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発・ビジネススキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック