Sponsored Link

2009年04月27日

本:『「1日30分」を続けなさい!』 古市幸雄

一言で言えば、「継続は力なり」ということ。

毎日30分の勉強を習慣化して何年も続けていくことのほうが、
週に1度まとめて5時間勉強するよりもはるかに効果的だとしている。

集中力はそれほど長く続くものではなく、
この本では長くて30分だという。
(他には45分などを主張する方もいるが、
いずれにせよ、それほど長くはない。)
30分集中して勉強し、休憩をとってまた集中して30分。
集中力が途切れて勉強がイヤになる前に休んでしまうのである。

また、勉強する時間はなるべく朝がいいとしている。
やはり朝型生活が良いのだなあ、と改めて思った。

そして、一番気をつけなければいけないと思わされたのは、
テレビの見すぎとインターネットのしすぎ…。
疲れて帰ってくるとついテレビを見てしまう。
著者はテレビを見ないことで時間は捻出できるというが、
確かにそのとおりである。

そう考えると、朝の時間帯はテレビの誘惑も少なく、
やっぱり勉強にはうってつけなのだろう。

というこで、できる限り朝型にして、
1日30分を続けてみようと思う。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします



Sponsored Link


タグ:勉強法 継続
posted by だぶさん at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発・ビジネススキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック