Sponsored Link

2009年04月21日

本:『プロフェッショナルの原点』 P.F.ドラッカー + ジョゼフ・A・マチャレロ

経営学者として有名なドラッカーの本。
ドラッカーの書いたいくつかの本から、
ジョゼフ・A・マチャレロ教授が引用し、構成したものである。

成果をあげるためにどうすべきか、
その本質的なあり方を述べており、
そのための5つの習慣として以下を挙げている。

(1)時間をマネジメントする。
(2)貢献に焦点を合わせる。
(3)強みを生かす。
(4)重要なことに集中する。
(5)効果的な意思決定を行う。

これらはこの本で言いたいことのすべてであり、
そのための「とるべき行動」と「身につけるべき姿勢」が述べられていく。
書かれていることは、よくよく考えれば当たり前のことに感じるが、
改めて言われるとハッとさせられるものは多い。

意思決定は誰かの仕事として実行しなければ意思決定として成立しない、
というようなことが書かれていたが、
自分自身もそうだし、自分の勤める会社全体として、
本当の意味で意思決定がなされていないのだなと反省させられた。

さらりと読めてしまう分量であるが、
引用された一つひとつの文章は深い。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします
posted by だぶさん at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発・ビジネススキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本:『どんなに上手に隠れても』 岡嶋二人

岡嶋二人の誘拐ミステリー。
以前『99%の誘拐』を読んだことがあり、
面白かったので、今回はこれを読んでみた。

もともとは1984年の著作のようだが、
古さを感じさせず、一気に読ませられた感じ。
トリックも驚嘆とまではいかないけれど、なるほどなと思った。

ちなみに解説を東野圭吾が書いており、なんとなく「へえ〜」と思ってしまった。
それによると、誘拐ものは岡嶋二人の得意技、ということであるが、
この作品は確かに面白かったし、以前読んだ『99%の誘拐』も良かった。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします
posted by だぶさん at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画:『アンフェア the movie』

テレビドラマはずっとみていたので、映画も視聴してみた。
ドラマを思い出しながらみていたのだけど、
ドラマのほうがドキドキ感があったような気がする。
ストーリーとしては、サスペンスものにありきたりで、なんとなく予想ができたかな。
別の見方をすれば安心感のある作りということで、それなりには楽しめたのだけれど。

テレビドラマの映画化は近年多くなっているような気がするが、
どれも単なるドラマの続きのような感じでしかない。
楽しめることは楽しめるが、インパクトとしては物足りないものが多いように思う。
映画館にみにいくほどのものではないと思ってしまうのだ。
残念ながら『アンフェア the movie』もその一つだなあ。
(別に映画館でみたわけではないからいいのだけど…)

ちなみに篠原涼子はアクションシーンは不向き。
動きがちょっと鈍重で、キレがなく、迫力が足りなかった…。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします
posted by だぶさん at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする